月間アーカイブ: 2017年6月

  2017-06-30 2017年6月28日(水)芸術鑑賞会が行われました。

2017年度の芸術鑑賞会が、6月28日(水)に実施されました。
今年度は本校アリーナにて、『 お笑いからみるコミュニケーション 』というテーマで、お笑い芸人の方に来ていただき、ネタとトークショーを開催しました。

当日は、全校生徒をはじめ、在校生の保護者・家族、そして教職員が鑑賞し大いに盛り上がりました。

内容も、漫才だけでなくコントや大道芸など多岐にわたり、出演者も人気急上昇中の方から、実力実績一級品の方、師匠クラスの方ととても豪華。

【出演者】
  9:00~   9:20   もりやすバンバンビガロ
  9:20~   9:35   ゆりやんレトリィバァ
  9:35~   9:50   ミキ
  9:50~10:05   吉田たち
10:05~10:35   コント坂田SP(坂田利夫、シンクタンク、服部ひで子)
10:35~10:50   学天即
10:50~11:05   藤崎マーケット
11:05~11:20 笑い飯

 


最初は教員2人が前説を担当しました。


もりやすバンバンビガロさんは、お馴染みのリンゴをかじる芸から、生徒も参加できる芸で、盛り上がりました!


夙川生徒に1番人気のゆりやんレトリィバァさん、大歓声の中、先生と生徒の悩みを解決してくれました。

 
こちらも大人気、息の合った兄弟漫才で沸かせてくれたミキのお二人。


双子漫才師の吉田たちさん。双子ならではの漫才で会場も大爆笑でした。


続いてはコント坂田SP。坂田師匠の登場の瞬間、大歓声が!そしてみんなでアホダンスを教わりました!


宝塚出身の学天即さん、テンポがよく、地元ネタもあり、爆笑の渦に。


藤崎マーケットさんの ラララライ体操に大盛り上がり。そして、おるおるモノマネは爆笑と共感をよびました。


最後はM-1王者の笑い飯さん。さすがの漫才で会場を魅了してくれました!

最後には、事前に生徒から集めた質問を芸人さんに答えていただくトークコーナーを行いました。
様々な質問が出て、こちらも盛り上がりました。

 


ミキの昴生さんは流れで音響さんとコラボギャグを披露!? 最後にはアリーナ2階まで行ってやってくださいました。

 

終演後には生徒もすごく笑顔で教室にもどっていく様子がとても印象的でした。
関西の伝統文化である「お笑い」を生で見て、話しを聞くことで、今後の生活に何か活かせるものを得れたら嬉しいです。

 

 

 

  2017-06-28 2017年7月9日(日)夙川学院中学校 第2回オープンスクール申込開始

 7月9日(日)に実施されます、オープンスクールの詳細です!!

夙川学院中学校オープンスクール
  

日時 2017年 7月9日(日) 
時間 10:00~12:30(予定)
会場 本校 
内容
・特別講演会(本校卒業生:沢松奈生子さん)    10:00~11:00

・全体説明                          11:15~11:35
・体験プログラム                    11:40~12:10     
・施設見学/個別相談                   12:10~

<体験プログラム>
◇英語(定員15名)「ネイティブと話そう」

◇情報(定員20名)「プログラミングをしてみよう」
◇理科(定員15名)「実験を通して、自然を学ぼう」
◇音楽(定員15名)「歌や創作リズム」
◇国語(定員15名)「作品をみんなで読み解こう」
◇数学(定員15名)「ICTを使った授業」
※こちらから1つお選びください

申し込み方法
※事前の申し込みが必要です。 体験プログラムは定員があり、先着順となりますので、お早めにお申し込みください。

申し込みは、7月7日(金)16:30まで 
 
お申し込み・お問い合わせ
0789401131
※受付は平日月曜日から金曜日 8:30~16:30まで

 

 アクセス

★最寄り駅まで

JR「三ノ宮」駅、阪急・阪神「神戸三宮」駅、神戸市営地下鉄「三宮」駅から、ポートライナーで約9分の「みなとじま(キャンパス前)」駅下車、徒歩10分です。

★降車後

みなとじま駅の改札を出て真っ直ぐ進むとファミリーマ-トがあります。ファミリーマートの角を左に曲がりしばらく進むと歩道橋があるので登ってください。歩道橋を降りたら駅を背に左に進みます。神戸学院大学・兵庫医療大学を過ぎると夙川学院中学校が見えてきます。
 

 

皆様のご参加を、心よりお持ちしております!

 

 

 

  2017-06-23 2017年6月20日(火)花の日礼拝が行われました。

  6月20日(火)に、アリーナにて花の日礼拝が行われました。
  

今回の特別礼拝は、関西学院 聖和短期大学教授・宗教主事の小見のぞみ先生をお招きしました。
「タネくんの旅-そして花ちゃんになること」という題で、メッセージをいただきました。

小見先生の教え子が作った絵本の内容を織り交ぜながら、お話して頂きました。タネくんが自分は何の花になるのかを探し出す物語です。

自分は何のために生まれたのか。そのことを知りたいし、それを一緒に考えてくれる人、悩んでくれる人、助けてくれる人を私たちも心のどこかで探しているかもしれません。人と関わることで傷つくことも沢山あるけれど、それでも人と関わり続ける勇気をもつことの大切さを、タネくんは教えてくれました。

私たちも、お話に出てきた花ちゃんのように、自分を受け止めて、励ましてくれる人、そのような人を見つけたいし、誰かにとってはそのような人になりたいですね。
小見先生、このたびはお忙しい中、本校にお越しいただき、ありがとうございました。
 

礼拝の後に、生徒自治会・宗教部の生徒たちが、自分たちで花束をつくり、日頃お世話になっている学校内・近隣の施設、そして先生たちに配りに行きました。
 
 日頃の感謝の気持ちをこめてメッセージを書き、それをお花と一緒に渡しました。

 

保健室、音楽室、図書館に、色鮮やかな花が飾られています^^
 
今年は、持ち寄って頂いたお花の数が多く、礼拝をとても華やかに飾ることができました。
皆さん、お花の持ち寄り、ありがとうございました。
 

 

 

  2017-06-22 2017年6月18日(日) 第1回中学校オープンスクールが行われました。

6月18日(日) 、2017年度第1回中学校オープンスクールが行われました。
今年も、より多くの方に夙川学院の学校生活を体験していただけるように、
学校説明会と
オープンスクールを企画しています。

今回の中学校オープンスクールでは、小学生を対象に授業体験プログラムを行いました
 
 
授業体験後には、校内見学を行いました。
お忙しい中、本校のオープンスクールにご参加いただきありがとうございました。

次回の中学校オープンスクールは7月9日(日)10:00からです。
是非、お誘いあわせの上、ご参加ください。

 *************************************************************************************

2017年度オープンスクールの日程は以下の通りになっております。

高等学校

第一回 8月27日(日)
第二回 9月9日(土)

中学校

第一回 6月18日(日) 終了しました。
第二回 7月9日(日)
第三回 8月27日(日)
 
※高等学校・中学校ともに10:00~実施予定です。


2017年度学校説明会の日程は以下の通りになっております。


 「高等学校

第一回 9月24日(日)
第二回 10月7日(土)
第三回 10月28日(土)
第四回 11月5日(日)
第五回 11月25日(土)
第六回 12月2日(土)
第七回 12月17日(日)

中学校

第一回 9月9日(土)
第二回 9月24日(日)
第三回 10月28日(土)
第四回 12月2日(土)
 
※高等学校・中学校ともに10:00~実施予定です。
  
ご不明な点がございましたら、本校までご連絡下さい。(078-940-1131)
 

 

 

  2017-06-21 高校2年グローバルアスリート・高校3年体育科 遠足

6月16日(金)、
高校2年生グローバルアスリートコースと高校3年生体育科が、京都へ遠足に行きました。
 
 
午前中は嵐山・嵯峨野散策をしました。渡月橋付近の景色を眺めたり、抹茶や湯葉を使用したお菓子や京都ならではの食文化を楽しんだりしました。

午後はラフティングをしました。
 
8つのグループに分かれてインストラクターとともに、保津川でラフティングを行いました。
途中で崖から飛び込んだり、ラフティングボードで滑り台を作って遊んだりする中で自然の豊かさを感じ、普段は体験することのできないアウトドアスポーツを楽しむことができました。

 

  2017-06-20 高校1年 遠足

6月16日(金)高校1年生は遠足に行きました。
 
 
まずは神戸栄光教会に訪問し、礼拝を受けました。厳粛な場所での礼拝に緊張する一同。
 
 
栄光教会には大きなパイプオルガンがあり、素敵な音色が教会中に響き渡ります。

次は六甲カンツリーハウスにて、飯盒炊さんを行いました。まずは火をおこして・・・
 


お米を炊き、カレーを皆で協力して作りました。上手にできたようです!
 


 
昼食の後は、フィールドアスレチックで身体を動かしました。

 
思いきり身体を動かした一日でしたね。楽しい思い出はできましたか。
今回の遠足では、仲間と協力してさまざまな作業を行いました。ここで体験したことを今後の学校生活でも活かして欲しいと思います。
 

 

   中学1・2年 高校3年美術科 遠足

6月16日(金)、中学1・2年生と高校3年美術科は徳島へ行きました。
  
 午前中は渦の道を見学。渦の道とは、大鳴門橋の車道下に設置 された海上遊歩道です。ところどころにガラス張りの床があり、鳴門海峡に発生する渦潮を、約45mの高さから覗き込むことができます。

 

午後からは、大塚国際美術館に行きました。大塚国際美術館は世界の名画を陶板に写した、国内最大級の美術館です。自由時間だけでは回りきれないほど、たくさんの作品がありました。

徳島の大自然や、世界の名画に触れて、普段の学校生活では味わえない貴重な時間を過ごしました。

 

   沖縄県修学旅行(中学3年)~3・4日目~

沖縄修学旅行3日目です。

午前中は美ら海水館へ行きました。

午後はシュノーケル、バナナボートを体験しました。

船酔いをする生徒もいましたが、ホテルに着く頃には落ち着きました。


いよいよ最終日。4日目です。

午前中は道の駅から嘉手納基地を見学し、午後は国際通りでお土産などを買う時間をとりました。
たくさんお買い物ができたようです。


沖縄とお別れし、18人全員無事に伊丹空港に到着しました。

3年間一緒に過ごした仲間と、最初で最後の修学旅行でした。
皆さんのために、この旅行を準備し、関わってくれたすべての人たちへの感謝を忘れずに、残りの学校生活を送ってくださいね。
  

 

  2017-06-19 沖縄県修学旅行(中学3年)~1・2日目~

中学3年生は、6月14日(水)~17日(土)の3泊4日間
沖縄へ修学旅行に行きました。

現地での様子を、写真にてお送りします。

9時10分発の飛行機で、11時過ぎに沖縄に到着。 

  
天候はあいにくの雨ですが、生徒は全員元気に、沖縄を満喫したようです!
沖縄で楽しい思い出を沢山作って帰ることができますように!

 

沖縄修学旅行2日目です。

午前中は雨のなか、首里城へ行きました。
午後は体験学習をしました。沖縄の伝統料理を作ったり、三線を弾いたり、伝統衣装の試着、エイサーの踊り、サトウキビの収穫をしました。貴重な体験ができましたね!
 

とても楽しそうです^^
   

 

   三重県一泊旅行(高校2年リベラルアーツ・アカデミック・プリスクール)~1・2日目~

6月15日(木)~16日(金)
高校2年生リベラルアーツ・アカデミック・プリスクールコースが三重へ、1泊旅行へ行きました。

爽やかな青空の下、伊勢神宮へお参りしに行きました。
 
伊勢神宮の神聖な空気に触れ、事前に学んだ正しい参拝の作法を実践しました。

 
その後、おかげ横丁散策へ。

おかげ横丁ではそれぞれの班で昼食をとりました。笑顔いっぱいで散策していたのが印象的です。
 
 
  
三重一泊旅行の2日目です。
 
 ナガシマスパーランドへ。とても楽しみにしていたようで、生徒たちは盛り上がっていました。
絶叫アトラクションにどんどん乗っていく生徒もいれば、地上のアトラクションで楽しむ生徒もおり、
それぞれ楽しんでいました。

その後、全員無事に三宮に帰ってきました。
    

 

   北海道修学旅行(高校3年普通科)~3・4日目~

北海道修学旅行3日目、4日目の様子です。
 
3日目は旭山動物園へ。「もぐもぐタイム(餌やり)」で、動物たちの可愛らしい姿を見ることができました。

お昼は旭山ラーメン村に行き、自分たちの好きなものを食べました。

夕食は小樽運河食堂へ。小樽の夜景はとても綺麗でした。

いよいよ最終日。

4日目は小樽市内をそれぞれの班で散策し、恋みくじをしたり、アイスを食べたりして楽しんでいました。

次に羊ヶ丘展望台へ。足湯につかり、旅の疲れを癒す生徒もいました。

4日目も快晴で、クラーク博士との写真も、雲ひとつない青空をバックに、綺麗に写っていますね。

17時55分に新千歳空港を出発し、無事に帰ってきました。生徒たちは帰りの飛行機まで元気で、この4日間は非常に楽しかったようです。今回の修学旅行の思い出話をご家族にも沢山してもらえたらと思います。皆さん、お疲れ様でした!

  

 

   北海道修学旅行(高校3年普通科)~1・2日目~

高校3年生普通科が北海道へ修学旅行に行ってきました。
1日目、2日目の様子を写真で振り返ります。

ノーザンホースパークにてジンギスカンを食べました。皆、モリモリ食べていました。
パークでは可愛い馬が迎えてくれました。
 
白い恋人パークにて。飴の作り方を見たり、アイスクリームを食べたりして、あっという間に時間が過ぎました。

夜は希望者だけでニングルテラスに行きました。ガラスや木で出来た手作りのものを、お土産に買う生徒が沢山いました。綺麗ですね。1日目は天気にも恵まれ、皆元気に過ごせていました。


北海道修学旅行2日目です。   

コロポックルにて、ジャムとアイス作り、野菜パンとバター作りの2つのグループに分かれて体験しました。

ファーム富田へ移動。綺麗な紫色のラベンダー畑を通りました。

 レストハウス「想い出のふらの」へ移動し、お昼はスープカレーを食べました。

2日目はメインイベントであるラフティングをしました。小雨が降っていましたが、楽しむことができました。
 
  

 

  2017-06-12 6月28日(水)芸術鑑賞会における保護者鑑賞席について

2017年度の芸術鑑賞会が、6月28日(水)に下記要領で実施されます。
今年度は本校アリーナで開催されるため、より多くの保護者の方にもご鑑賞いただきたいと考えております。
つきましては、事前申し込み制とさせていただきたいと思いますので6月23日(金)までに申し込み書を担任にまでご提出くださいますようお願い申し上げます。
※申込書は生徒に配付しております。

【開催日時】  2017年6月28日(水)9:00~11:45(予定)
        ※ 8:45までには来校ください。
【場  所】  本校アリーナ (スリッパをご持参ください。)
        ※ アリーナ2F観客席が保護者席になります。
【テ  ー  マ】  お笑いからみるコミュニケーション
【内  容】  お笑い芸人によるネタとトークショー
        ※ 公演中の撮影・録音はできません。ご了承ください。
【申込対象】  本校在校生の保護者およびその家族

 

【出  演  者】  ※下記画像・チラシをご参照ください。

      
コント坂田スペシャル
(出演:坂田利夫、シンクタンク、新喜劇女性座員)

      
笑い飯                   学天即

      
藤崎マーケット           もりやすバンバンビガロ

      
吉田たち                   ミキ


ゆりやんレトリィバァ

※出演者は、都合により変更になる場合があります。 

 

  2017-06-08 6月6日(火) 進路指導講義

6月6日(火)6限に、高校1,2年生対象の進路指導講義を実施しました。
 

総合的な学習の時間を利用し、本校の卒業生にパワーポイントを使用して、発表してもらいました。

昨年度本校を卒業し、夙川学院短期大学へ進学した2名の発表から始まりました。
 
高校生活での思い出や、受験にむけて頑張ったことを、在校生に話してもらいました。

次に、卒業後関西大学に進学した1名の発表がありました。
現在、教育実習生として本校で実習に励んでいます。

この発表では、さまざまな入試方法や、より実践的な受験勉強方法を話してもらいました。
在校生にとって、大変有益なものとなりました。


最後に、在校生からの質問にも答えてもらいました。

今回の進路指導講義が、在校生の受験に対する意識向上になればと思います。

 

   2017年6月6日(火)放送礼拝 メッセージ「仕える者になりなさい」

 6月6日(火)、放送礼拝が実施されました。

雨は上がり、青空が広がっています。
  

今週は、賛美歌21の60番『どんなにちいさいことりでも』を歌っています。
メロディが覚えやすく、歌詞もやさしいので、思わず口ずさんでしまう人も多いようです♪

1番 「どんなにちいさいことりでも かみさまはそだててくださる」って、イエスさまのおことば。
2番 「なまえもしらない野のはなも かみさまはさかせてくださる」って、イエスさまのおことば。
3番 「よいこになれないわたしでも かみさまはあいしてくださる」って、イエスさまのおことば。

子どもたちは、特に3番の歌詞が好きだそうです。

**************************************
 
マルコによる福音書 10章42-45節 「仕える者になりなさい」
学院宗教主事 樋口進

今日お読みいただいた聖書の箇所は、イエスの弟子のゼベダイの子ヤコブとヨハネが進み出て、イエスにお願いをしたという記事です。
どんなお願いをしたかというと、イエスが栄光を受ける時、すなわち、この世の支配者になる時に、彼らは自分たちを最も高い地位につけてほしい、とお願いしたというのです。
さて、この二人の願いを聞かれたイエスは、非常に悲しまれました。
また、このヤコブとヨハネの願いを聞いた他の弟子たちは皆、腹を立てたというのです。
41節には、「ほかの十人の者はこれを聞いて、ヤコブとヨハネのことで腹を立て始めた」とあります。
他の10人の者が何故腹を立てたかというと、彼らも実は同じことを願っていたからでしょう。
彼らは決して、イエスの思いに立って腹を立てたのではありません。そうではなく、自分たちも同じ思いをもっており、それを二人に先を越されたと思ったので、腹を立てたのでしょう。そこでイエスは、42節のように言われました。

 そこで、イエスは一同を呼び寄せて言われた。「あなたがたも知っているように、異邦人の間では、支配者と見なされている人々が民を支配し、偉い人たちが権力を振るっている。

異邦人の支配者というのは、ここではローマ帝国の支配者のことです。
彼らは支配している人々の上に権力を振るっていました。
当時のユダヤは、ローマ帝国の支配下にあり、特に重税で苦しんでいました。
このような帝国の支配者は、被支配国に権力を振るって、自分の欲を満たしていたのです。
すなわち、被支配国から富を吸い上げて、例えば自分の宮殿を建てるといったことをしていたのです。
これがこの世の権力者の常の姿です。

しかしその反面、権力者に支配されている人々は、非常に苦しい生活を強いられていました。
権力を求めるということは、そのような非常に苦しい立場の人々を作り出すということなのです。
そのように、権力を志向することが神の御旨でないことは、弟子たちも分かっていたはずです。
しかし、現実には、弟子たちもやはり人間であり、イエスがただの人でないことが分かると、権力の座について欲しいと願ったのです。そしてその暁には、自分が最も高い地位につけてもらいたい、と思ったのです。さらに、他の弟子たちも同じ思いをもったので、互いに相手のことに腹を立てたのです。
しかしイエスは、「しかし、あなたがたの間では、そうであってはならない」と言われます。
そして、43-44節のように教えられました。

  しかし、あなたがたの間では、そうではない。あなたがたの中で偉くなりたい者は、皆に仕える者になり、いちばん上になりたい者は、すべての人の僕になりなさい。

そしてイエスは自らこれを行われました。すなわち、イエスは食事の席で、自ら弟子たちの足を洗われたたのです。
当時、食事の時に足を洗うのは、召使いの仕事でありました。
イエスは、弟子たちからすれば、先生であったので、むしろ弟子たちがイエスの足を洗うべきでした。
しかし、イエスは、弟子たちの足を洗うことによって「仕える者になりなさい」ということを自ら実践されたのです。
インドで貧しい人のために仕える仕事に一生をささげ、ノーベル平和賞を受賞したマザー・テレサは、イエスのこの「仕える者になりなさい」という教え、実践したのです。
彼女は、身寄りもなく、誰にも看取られない人に、愛の手をさしのべて、しばしの安らぎと喜びを与える、という活動をしたのです。
イエスの教えた「仕える者になりなさい」というのは、奉仕の精神と言われます。自分の権力や自分の利益を求めるのでなく、人のためにする、人に喜んでもらえることをする、ということです。
マザー・テレサは、自分は誰にでも出来ることをしたに過ぎません、と言っています。
路上で死に行く人の手を優しく握ってやる、ということは誰にでも出来ます。
しかし、人間は、プライドが邪魔してなかなか出来ません。

人のためにする、たとえば、ボランティア活動などはそうでしょう。
災害に遭って困っている人のために、ちょっと手伝ってやる。
あるいは、電車でお年寄りに席を譲ってやる、ということも奉仕の精神と言えるでしょう。
このようなちょっとしたことは、私たちの周りにたくさんあると思います。
みんなの使っているところが汚れていたとき、みんなのためを思ってちょっと掃除をする、といったことも「奉仕の精神」であると思います。
そんなオーバーなことでなくていいのです。しかしその時、ちょっと恥ずかしいとか、自分のプライドを少し捨てなければなりません。
奉仕というのは、英語でServiceと言いますが、Serviceを辞書で引くと「礼拝」という意味もあります。
礼拝というのは、神への奉仕なのです。今、皆さんは礼拝をしていますが、礼拝において神の言葉を聞く、お祈りをする、讃美歌を歌う、これも神への奉仕なのです。

イエスは、神に仕えることと、人に仕えることを教えられました。皆さんも、是非、ちょっとしたことでいいですから、自分の利益のためでなく、人のために仕えることをしてみてください。

 

 

  2017-06-06 2017年6月6日(火)第1回目 赤ちゃん先生プロジェクトが行われました。

6月6日(火)、今年度第1回目の赤ちゃん先生プロジェクトが、中学生全員を対象に行なわれました。 

『赤ちゃん先生』とは、赤ちゃんと直接触れ合いながら、ママ講師のお母さん方から赤ちゃんのお話を聞くことで、命の大切さを学ぶことを目的としたプロジェクトです。

今日は4班に分かれて、4組の親子から、お母さんの育児の内容や様子、赤ちゃんがどういったときに泣くのか、今どういった成長段階なのか、など学びました。その後に一人ずつ、赤ちゃんを抱っこさせてもらいました。
 

「抱っこしてみたら、意外と重かった!!」という感想が多かったです。
私たちのお母さんも、昔は、日々重たくなる私たちを抱っこして大変だったことでしょう。
 
次回の赤ちゃん先生は、9月になります。
今日お会いした赤ちゃん先生たちが、二ヵ月後に、どれほど大きく成長したか見るのが楽しみですね!