月間アーカイブ: 2018年6月

  2018-06-22 全校礼拝 詩編46編2~8節 「苦難のとき」

 

2018年6月22日(金) 全校礼拝が行われました。
宗教主事の樋口進学院長が、
詩編46編2~8節 「苦難のとき」と題して、お話をしてくださいました。

去る18日(月) 7時58分頃、大阪府北部を震源とするマグニチュード6.1、最大震度6弱の地震が起こりました。私はちょうど学校に来る途中、ポートライナーに乗っていた時で、中公園で止まってしまい、そこから歩いて学校に来ました。交通はすべて止まってしまい、学校は休校になりました。この地震で、高槻市、茨木市でブロック塀や家具の下敷きになって5名の方がなくなり、400人以上の方が怪我をされたと言うことです。私たちはまず、尊い命をなくされた方々に哀悼の意を表したいと思います。また、今なお1,500人もの人が避難生活を強いられているということで、被災されている方々のためにも支えを祈りたいと思います。

また、2011年3月11にはマグニチュード9.0という東日本大震災に見舞われ、地震と大津波とそれに原発の事故という、いまだかつて経験したことのない惨劇を受けました。この大震災のために死者と行方不明者を合わせると、2万人を超えているということです。
また私たちは、23年前に阪神淡路大震災も経験しています。この時は6千人以上の方が犠牲になり、夙川学院の高校生も2名犠牲になっています。私たちはこのような多くの「苦難のとき」を過ごしている人のことを覚え、神の助けを祈りたいと思います。
 

このような大震災でつくづく思わされることは、私たち人間の力は大自然の力の前には無力である、ということです。今や宇宙にまで行けるようになり、さまざまな難病を克服し、さまざまな便利な品があふれている現代文明ですが、自然の威力にはなすすべもありません。そういう意味では、人間は謙虚にならなければなりません。私たちには、祈ることしかできません。

さて、聖書にも自然災害については多く記されています。先ほどの詩編46編3-4節には、次のようにありました。

   わたしたちは決して恐れない
  地が姿を変え
  山々が揺らいで海の中に移るとも
  海の水が騒ぎ、沸き返り
  その高ぶるさまに山々が震えるとも。

ここでは、地震と津波が暗示されています。ここにおいても、このような自然の大災害には人間は全くの無力です。神に祈るしかありません。そしてこの詩人は、神は必ず助けてくださる、と信じています。

2節には、
  神はわたしたちの避けどころ、わたしたちの砦。
  苦難のとき、必ずそこにいまして助けてくださる。

とあります。また、6節を見ますと、

   もろもろの民は騒ぎたち、もろもろの国は揺れ動く、
  神がその声を出されると地は溶ける。

とあります。
ここには天変地異、あるいは戦争による激動があります。敵の攻撃にあった時の動揺は、想像を絶するものです。2節で、「山は海の真中に移るとも」と言われているのは、大地震のことかも知れません。「山」というのは、動かないもの、泰然としているものです。しかし、大地震によってそれが海の中に移るというのです。もしそんな大地震が来れば、私たちはあわてふためくでしょう。東日本大震災においても、地震や津波によって多くの家が破壊されたり、空港や石油施設が一瞬にして破壊されたりしました。私たちも大地震の恐ろしさというものを実感しました。

しかし、私たちを恐れさせているのは、そのような戦争とか天変地異だけではありません。私たちの普段の生活においても、いろいろなことで動揺したり、不安な気持ちになったりするのではないでしょうか。自分のちょっとした失敗や、人から言われたいやな言葉などによっても動揺したりするのではないでしょうか。

しかし、この詩編の詩人は、「たとい地は変り、山は海の真中に移るとも、われらは恐れない。」と言っています。どんなことに遭遇しても、動揺したり不安な気持ちをもたずに、泰然としていられればいいな、と思います。しかし、中々そんなことは出来ないでしょう。この詩人がどんな時にも泰然と出来たのは、この詩人がどんな時にも神が共にいて下さる、と確信していたからでしょう。

8節には、次のようにあります。

   万軍の主はわれらと共におられる、
  ヤコブの神はわれらの避け所である。

 聖書の言葉というのは、「苦難の時」に大きな力を与えてくれるものです。

 

 

 

   空手部 インターハイ兵庫県予選 結果報告

6月8日~10日で行われました、空手インターハイ兵庫県予選の結果を報告いたします。

団体 組手 優勝
    形 優勝

個人 組手 優勝
    形 3位

応援、ありがとうございました!

 

   空手部 KARATE1ユースリーグ・ソフィア大会にて銀メダル

5月25日~27日にブルガリア・ソフィアにおいて開催された『KARATE1 ユースリーグ2018 ソフィア大会』が行われました。
71の国と地域から、延べ1858名のエントリーがありました。この大会は、世界空手連盟(WKF)が今年からスタートさせたジュニア世代の国際シリーズ大会「ユースリーグ」の第一回目の大会です。

本校からは、高校3年の田畑梨花さんがエントリー。
ジュニア女子組手-48kgにて銀メダルを獲得しました。

おめでとうございます。

    

 

  2018-06-21 柔道部 インドネシア代表チームと合同練習を行いました。

柔道部にインドネシアのナショナルチームが来校し、合同練習を行いました。

はじめて外国の選手と組む生徒も多く、非常に緊張していましたが、世界で戦っていくためと練習に励んでいました。

英語が苦手な生徒も、身振り手振りでなんとかコミュニケーションをとろうとする姿がみられ、柔道以外の部分でも学ぶことが多かったのではないでしょうか。

ナショナルチームは、本日まで合同練習を行う予定です。

    

 

  2018-06-19 花の日礼拝を行いました。

本日、本校アリーナにて花の日礼拝を行いました。

 「花の日」の礼拝は、19世紀中頃、アメリカ合衆国の教会で、6月第2日曜日に礼拝堂を美しい花で飾り、子供を祝福する礼拝を行うようになったのが始まりです。

本校でも花の持ち寄りをお願いし、たくさんのお花が集まりました。ご協力ありがとうございました。

日本基督教団京都教会 伝道師の大川 祈先生にお越し頂き、「野に咲く花のように」という題でお話ししていただきました。

    

全校生徒が持ち寄った美しい花の中で礼拝を行い、その後、その花を本校生徒及びご家族の長期療養者、市内の社会福祉施設、医療施設、公共機関などへ、お見舞いと感謝の気持ちを込めてお配りしました。
市内の施設からも「この日を楽しみにしている。」との声をいただき、本当に感謝です。

 

  2018-06-18 地震発生に伴う学校状況と明日について

交通機関が再開しだし、生徒の帰路の確保ができました。ご協力ありがとうございました。

明日の登校について連絡します。
明日、特に問題がなければ通常通り授業を行います。
ただし、自宅周辺が危険な状態な場合、及び登校に支障をきたすような状態であれば自宅で待機してください。その場合、必ず保護者から学校に連絡をお願いいたします。
また今後緊急を要する事態があった場合、明日の朝6時に判断をし、フェアキャストを配信する予定としています。

 

   地震発生に伴う学校状況について 2

現在学校に待機している生徒で、交通機関が動いて帰路が確保されている生徒については、帰宅させます。また、保護者の方で学校にお迎えが可能な方はお願いいたします。

なお、山陽電鉄が西代駅から西方面が運行しています。神戸電鉄も運行しています。

そこでスクールバスにて新開地駅・西代駅へ送迎をします。(13時学校発)

 

保護者との連絡を引き続きとれるようにしておいてください。

帰宅したら、学校に必ず連絡するようにしてください。

 

   地震発生に伴う学校状況について

7:58に大阪部北部を震源地とした地震発生により、本校でも大きな揺れを観測しましたが、被害はありません。現在、出席状況の確認を行っております。

学校に登校している生徒は、学校待機としています。

交通機関も不通の状況が続いておりますが、保護者におきましても、生徒におきましてもできる限り連絡がつくようにしておいてください。

 

  2018-06-15 全校礼拝 ルカによる福音書15章8~10節 「かけがえのないもの」

2018年6月15日(金) 全校礼拝が行われました。
宗教主事の樋口進学院長が、
ルカによる福音書15章8~10
節 「かけがえのないもの」 と題して、お話をしてくださいました。


今読んでいただいた話は「無くした銀貨」のたとえ、と言います。
ある女の人が銀貨10枚もっていて、その1枚を無くしたところ、それが見つかるまで家中をひっくり返して一生懸命捜した、という話です。これは当たり前のように思われます。私たちだって、お金を無くした場合には一生懸命捜すでしょう。しかし、ここでこの女の人の態度が不思議に思えるのは、無くした銀貨が見つかった時の態度です。この喜びの態度です。

見つかった時に、友達や近所の人を集めて「一緒に喜んで下さい」と言った、と言うのです。私たちもお金を亡くした時に、それを一生懸命捜しはしますが、それが見つかった時に、友達や近所の人たちを集めてこういうことをするでしょうか。莫大なお金を無くして、それが戻ってきた場合には、あるいはそういうこともするかも知れません。しかし、ここの銀貨というのは、そんなにびっくりするほど高価なものではありません。

これは、ギリシアのドラクメ銀貨というもので、労働者の一日の賃金に相当する位であると言われています。当時の低賃金から考えて、仮に千円、あるいは2千円とします。そのくらいのお金が一生懸命捜して見つかった時に、近所の人や友人を呼んで、この当時の習慣として、そういう場合は必ず大判ふるまいをするのです。費用としては、当然見つかったお金よりもはるかに多くの費用がかかるのです。このような喜びを果たして私たちはするでしょうか。

それは、この女の人にとってその無くした1枚の銀貨は、他のものには代えられない、かけがえのないものであったからです。他の人にとっては、ただの1枚のそれほど価値のない銀貨かも知れませんが、この女の人にとっては、他のものに代えられない大切な銀貨だったのでしょう。千円、2千円位のものであれば、無くしても、またそれを手に入れてそれで代わりをすればいいと思うかも知れません。しかし、この女の人にとっては、それが出来なかったのです。それには、この銀貨には、この女の人にとって、何か特別の訳があったのです。

10枚の銀貨をもっていた、とあります。ここにあるいは特別な意味があるのかも知れません。当時のパレスチナの貧しい娘が結婚する時、10枚の銀貨を鎖に通して、結婚の記念として両親がもたせた、と言われています。恐らくここでも、この女の人が結婚する時に、その記念として両親からもらった銀貨の10枚だったのでしょう。それであるなら、他の人にとってはただの、それほど価値のない銀貨であったかも知れないが、この女の人にとっては、他の何ものにも代えられない貴重なものだったのです。

さて、この譬えでイエスが言おうとしていることは、神は私たち一人ひとりを他の何ものにも代えることのできないかけがえのないものとされている、ということです。親が自分の子を気に入らないから、それをだれかにあげて、もっと気に入る他の人をもらう、ということはないでしょう。たとえどんな子であっても、親にとって子はかけがえのないものです。それと同じように、神にとって私たち一人ひとりは、それ以上にかけがえのないものとして下さっている、というのが、この譬えでイエスが言わんとすることです。

しかし、私たちは、神からそんな大切にされていることに気がついていないかも知れません。もし、そのことに気付いたら、神は大喜びをしてくれる、と言うのです。そこで、10節を見て下さい。
「言っておくが、このように、一人の罪人が悔い改めれば、神の天使たちの間に喜びがある。」とあります。罪人とか悔い改めと言われていますが、要するに、わたしたちが神によってかけがえのないものとして愛されているのだ、ということに気がつくことが出来るならば、神はとても喜んで下さる、ということです。

また、明後日は「父の日」ですが、普段あまり気がついていないかもしれませんが、皆さんのお父さんも皆さんをかけがいのなない者として大事にして下さっていると思います。何らかのかたちで感謝の気持ちを表してはいかがでしょうか。

 

 

   高3研修旅行 帰国

11日(月)よりマレーシア、シンガポールへ研修旅行に出発していました高校3年生。

悪天候のため飛行機到着が10分弱程遅れましたが、その後入国手続きを済ませ予定通り6:30頃に到着ロビーへ。

長旅の疲れもありましたが、元気な姿で帰国してくれました。

それぞれがこの一週間で学んだこと、経験したことをはとても貴重なものになってのではないでしょうか。

帰って家庭や学校でたくさん思い出話を聞かしてくれることでしょう。

    

 

  2018-06-11 高校3年生 研修旅行に出発

本日より高校3年生が研修旅行のため出発しました。

早朝7時45分、関西国際空港に集合し、これから始まる研修旅行での注意事項をもう一度確認し、日本を出発しました。
まだ日本にいるのにも関わらず、出国手続きの前に「先生、ここは日本語が通じますか?」と緊張している生徒もいました。
海外初体験の生徒も多いようで、楽しみと期待半分、不安半分というようなところでしょうか?
    
    

日本では味わえない体験をたくさんして、無事に帰ってきてもらいたいと思います。

 

  2018-06-08 全校礼拝 ルカによる福音書14章11-19節 「謝ること」

 

2018年6月8日(金) 全校礼拝が行われました。

宗教主事の樋口進学院長が、
ルカによる福音書14章11~19節 「謝ること」 と題して、お話をしてくださいました。

今日読んでいただいた聖書の物語は、イエスが話された「放蕩息子のたとえ」という話です。
長いので、今日は途中まで読んでいただきましたが、有名な話なので皆さんも聞かれたことがあると思います。ある人に二人の息子がいましたが、弟の方がお父さんから財産を分けてもらい、それを全部遊びに使ってしまって無一物になった、という話です。

この弟は、食べる物に困った時にもお父さんのことを思い起こして、お父さんに全部正直に話して心から謝ろうとして家に帰りました。そしてお父さんに、先ほど読んでいただいたように言って謝った、というのです。『お父さん、わたしは天に対しても、またお父さんに対しても罪を犯しました。もう息子と呼ばれる資格はありません。』それを聞いたお父さんは、腹を立てたのではなく喜んで、赦してくれただけでなく大ごちそうをしてくれた、というのです。

何か間違ったことをした時、悪いことをした時、約束を破ってしまった時、私たちはどうするでしょうか。まず考えることは、何とかごまかそうとする、そのために嘘をついてしまうということではないでしょうか。正直に話して謝るということは、なかなか勇気のいることです。

先日の日大と関学のアメリカンフットボールの試合で、違法なタックルをして、関学の選手にけがを負わせた日大の選手は、記者会見の席で自分のした過ちを正直に言って謝罪しましたが、とても勇気のいることだったと思います。しかし、この態度は多くの人に非常に好感を持たれたと思います。

最近よく読まれている本に『君たちはどう生きるか』というのがあります。この著者は、吉野源三郎という人でもう80年以上も前に書かれた本です。そんな昔の本が今またブームになり、漫画にもなっているそうです。

この主人公は、コペルくんという旧制中学生の生徒です。コペルくんというのはあだ名で、彼のおじさんが天文学者のコペルニクスからとったあだ名です。コペルくんには、北見君、水谷君、浦川君という仲良しの友達がいました。この中学校には、たちの悪い上級生がいました。特に北見君は、上級生ににらまれていました。そこで四人はある約束をします。それは、一人が上級生にいじめられた時には、名乗り出て一緒に制裁を受けよう、という約束です。

そしてある雪の日に、北見君は上級生に言いがかりをつけられて殴られます。それを見ていた水谷君と浦川君も仲間だと言って名乗り出ます。コペルくんも見ていたので名乗り出ようとするのですが、怖くなって足が動きません。そうこうするうちに三人は、上級生に乱暴されました。コペルくんは何度か名乗り出ようとするのですが、どうしても出ることができなくなります。そうこうするうちに授業の鐘が鳴って、上級生たちは引き上げていきます。そして、乱暴された三人は、肩を組んで行ってしまいました。

コペルくんは、とうとう三人の前に出ることはできませんでした。友達を裏切ってしまったという後悔の念に襲われ、夜も寝ることができず、とうとう病気になってしまいました。コペルくんは、最初言い訳をしようと思いました。じつは、あの現場を見ていなかったのだ、と。しかし、それは嘘になってしまいます。

そこでコペルくんは、一番信頼していたおじさん(お母さんの弟)に相談します。するとおじさんは、正直な気持ちを手紙に書いて送ることを提案してくれました。そしてコペルくんは、言い訳をするのでもなく、ごまかしたり嘘を書くのでもなく、正直な気持ちを書いて、心から謝ったのです。それを読んだ三人は、その手紙を喜んでくれ、後日コペルくんの家を訪ねて再び友情が保たれた、ということです。

先ほどの放蕩息子の話でも、コペルくんのことでも、なにか間違ったことや悪いことをしてしまった時、また約束を破ってしまった時は、言い訳したり、ごまかしたり、嘘をついたりせずに、正直に言って謝ることが大切です。それは、非常に勇気のいることですが、そのことによって本当に信頼が回復すると思います。また、放蕩息子のお父さんが大喜びしたように、神が喜んでくれると思います。