軽減補助制度

 

授業料軽減補助制度について

  • 私立高校に在学する生徒をもつ家庭の経済的負担を軽くし、生徒の就学を容易にすることを目的とします。
  • 返還の必要はありません。各府県単位で実施されています。
  • 資金は各府県の公費でまかなわれており、利用されても将来の進学や就職などについての制限は一切ありません。
  • 本校独自の奨学金と併せて利用することができる場合があります。
  • 各府県単位で実施されるため、府県により補助金額(軽減額)には差があります。
 

【兵庫県】 私立高等学校 授業料軽減補助制度

国と県で、兵庫県私立高校の就学を支援しています

現行(平成24年度の制度の内容)の就学支援制度と兵庫県私立高校授業料軽減補助制度について(資料・PDF)

平成26年4月から「高等学校等就学支援金」制度が変わります。但し、この内容に関しては今後変更される可能性があります。(資料・PDF)

大阪府は他府県への進学者に対し、平成12年からこの授業料軽減制度を停止しています。

兵庫県に住居があり、大阪府の私学に進学する生徒には兵庫県より県民の負担などにより軽減補助制度(兵庫県内私立学校進学者の半額)がありますが、大阪府に住居があり、兵庫県の私学に進学する生徒には大阪府はその制度を停止しています。

これでは大阪府に住んでいる生徒が兵庫県の私学に進学しようとしても、軽減補助制度がなく、経済的な負担が大きくなるため兵庫県への進学を断念することにもなりかねません。
学校の選択肢をひろげ、学校間の競争を進めて教育効果を上げるためにも、大阪府は1日も早くこの制度を復活するように考えてほしいものと思います。