月間アーカイブ: 2018年11月

2018-11-30  中 学 校 高等学校 全校礼拝 「悩む力」 詩編25編15-22節

2018年11月30日(金)の全校礼拝にて、宗教主事の樋口学院長が、
詩編25編15節~22節 「思いやり」と題して、お話をしてくださいました。

今日は、「悩む」ということが力になるんだという話をします。
姜 尚中という人の『悩む力』という本があります。帯には、「不安の時代を生き抜く逆転の発想」という言葉が書かれています。彼は、東京大学の教授をされていた人で、在日韓国人で、『在日 ふたつの「祖国」への想い』という本や自分のお母さんのことを書いた『母~オモニ』という本もあります。また、最近『母の教え』という本を出されました。さて、本のタイトルの「悩む力」というのは、彼の体験から出た言葉です。

私たちは、常日頃よく悩むのではないでしょうか。悩みの全然無い人などいないと思います。苦しい時、悲しい時、判断に迷った時、どうしていいか分からない時、私たちは悩むのではないでしょうか。そして、悩みなどは出来ることならない方がいい、あってもできるだけ少ない方がいい、そしてなるべく早く過ぎ去ってほしい、と思っていないでしょうか。すなわち、悩みはマイナスのことと捉えているのではないでしょうか。もし、悩みが自分にとってプラスのものだ、と捕らえることができるなら、まさに「逆転の発想」だと思います。

姜 尚中は、この「逆転の発想」を自分の母から学んだようです。彼の母は、在日韓国人として、波乱に満ちた悩みの海のような80年の生涯を送られたそうです。しかし彼は、その母の生涯を振り返って、「悩みの海を抱えていたからこそ、生きる意味への意志がより萎えることがなかったのだと思います。」と述べています。

人間を定義する言葉に、Homo sapiensと言うのがあります。これはラテン語ですが、homoというのは「人間」という意味で、sapiensというのは「賢い」という意味です。ですから、Homo sapiensというのは、「人間は賢い」という定義です。他の動物と比較するならば、人間が一番賢いと思われるので、この定義は適切だと思いますし、事実生物学上での名称になっています。

ナチスによって強制収容所に入れられ、『夜と霧』という本でその体験を書いたオーストリアの精神医学者フランクルは、Homo patiensということを言いました。patiensというのは、苦悩という意味です。ですから、Homo patiensというのは、苦悩するのは、人間の特徴だ、ということです。犬や猫になったことがないので分かりませんが、恐らく犬や猫が過去に行ったことを悔やんだり、未来のことについていろいろ思い悩んだりしているようには思われません。従って、悩むというのは、人間の特徴かも知れません。しかも、フランクルは、「苦悩する人間は、道具を使う人間よりも高い所にいる」と述べています。

さて、姜 尚中はこの『悩む力』において、誰にでも備わっている「悩む力」にこそ生きる意味への意志が宿っていることを、文豪・夏目漱石を手がかりに主張されています。漱石は、今から100年ほど前に活躍した人物です。姜 尚中は、夏目漱石は「個人」の時代の始まりの時、時代にのりながらも、同時に流されず、「悩む力」を振り絞って近代という時代が差し出した問題に向き合い、その生涯には「苦悩する人間」のしるしが刻み込まれている、と言います。

夏目漱石はイギリスに留学しますが、漱石にとって留学生活は決して楽しいものではなく、「先進国」イギリスの中に、日本が将来目標とすべき「希望」のようなものは全く見いだすことが出来ませんでした。それどころか、イギリス人ほどいやな国民はいないとすら思っていたほどです。憂鬱な日々を過ごしたとも言われています。しかし、そのような悩ましい生活があったから、いろいろなシリアスな作品が生み出されていったのです。代表作である『こころ』における先生のついには自殺に至る深い悩みは、漱石自身が深い悩みを経験しなかったら描けなかったでしょう。

さて、先ほどは詩編25編を読んで頂きました。この詩篇は、詩人の深い悩みの中から産み出されています。どういう悩みかははっきりとは分かりませんが、16節を見ますと「わたしは貧しく、孤独です」とありますから、経済的な悩み、人間関係の悩みなどが考えられます。また、19節を見ますと「御覧下さい、敵は増えていくばかりです。わたしを憎み、不法を仕掛けます。」とあります。「不法」と訳されている語はむしろ「暴力」と訳す方がいいかも知れません。すなわち、この詩人は人に憎まれ、暴力まで受けている、ということです。このような深い悩みから産み出された詩です。

そして、この詩人は17節で「悩む心を解き放ち、痛みからわたしを引き出して下さい」と神に祈っています。詩編の中の多くの詩は、このような詩人の深い悩みの中から産み出されたものが多くあります。そして、このような悩みの中から素晴らしい文学作品が産み出されているのです。ですから、悩みというのは決してマイナスなものではなく、そこから何か新しいものを生み出す力があるのです。

 

2018-11-29 高等学校 新校舎 内覧会(中学生対象)のご案内

この度、12月9日(日)に夙川高等学校 新校舎(現在改装工事中)の一部を内覧をしていただく機会を下記の通り計画致しました。奮ってご参加ください。

参加については、下記をクリックしてください。
⇒ 新校舎 内覧会 申し込み

※小学生の方で内覧を希望する方はお電話にて一度本校にお問い合わせください。
 TEL:078-940-1131(担当:夙川高等学校入試事務局)

 

2018-11-26  中 学 校 高等学校 設置者変更、校名変更ならびに校舎移転のお知らせ

この11月22日に、兵庫県私学審議会を経て県知事より本校の設置者変更が認可され、来年の4月より学校法人須磨学園が夙川高等学校(現夙川学院高等学校)を運営することになりました。設置者変更を機に、現在の夙川学院高等学校は、来年の4月より校名を変更し、夙川高等学校になります

また、来年4月より校舎を神戸市兵庫区会下山町(旧神戸学院大学附属高等学校跡地)に移転します。併せてご報告をさせていただきます。

 

 

◆2019年4月より

     新設置者  :   学校法人須磨学園

     新 校 名 : 夙川中学校・高等学校

     新 住 所 :    〒652-0043 神戸市兵庫区会下山町1丁目7-1

           TEL 078-578-7230

 

◆ 認可申請書はこちらをご覧ください。
   ⇒ 認可申請書

 

 

 

 

2018-11-23 高等学校 高校入試説明会が行われました。

本日、本校にて高等学校の入試説明会を実施しました。

ご参加してくださった皆さま、ありがとうございました。

夙川高等学校についての説明の他、入試について、傾向と対策を説明。
来年度から大きく変わる夙川に魅力を感じていただけたのではないでしょうか。
新しい夙川の最初の一歩を一緒に歩んでいければと思います。

    

    

次回は12月8日(土)13:30~入試説明会です。
今年度初の午後開催となりますので、これまでは午前中開催で参加出来なかった方もぜひご参加ください。
もちろん、個別相談コーナーもありますので、納得いくまで質問をしてください。
たくさんのご来場、お待ちしております。

 

2018-11-21 高等学校 高1 進路ガイダンスを行いました。

高校1年生が進路ガイダンスを行いました。
各業種の専門学校、短大、大学の方に来ていただき、将来の職業イメージや学校生活などを説明していただきました。
生徒達は自分たちが興味のある分野の学校の説明ブースに参加し、様々な話しや質問ができ、自分の将来へのイメージが出来たのではないでしょうか。
1年生から将来のイメージ・目標をしっかりもつことで高校生活で必要なもの・足りないものがみえてきます。
そのきっかけになったのではないでしょうか。

 

 

 

2018-11-17 高等学校 高校入試説明会が行われました。

本日、本校にて高等学校の入試説明会を実施しました。

ご参加してくださった皆さま、ありがとうございました。

夙川高等学校についての説明の他、入試について、傾向と対策を説明。
来年度から「変わる夙川」を感じていただけたのではないでしょうか。
新しい夙川と一緒に歩んでいければと思います。

    

    

次回は、11月23日(祝・金)10:00~入試説明会です。
入試に関しては、昨年度までの傾向より変わる部分があります。
ぜひお越しくださり、詳しく聞いていただければと思います。
たくさんのご来場、お待ちしております。

 

2018-11-16  中 学 校 高等学校 全校礼拝 「思いやり」 フィリピの信徒への手紙2章1-4節

2018年11月16日(金)の全校礼拝にて、宗教主事の樋口学院長が、
フィリピの信徒への手紙2章1節~4節 「思いやり」と題して、お話をしてくださいました。

今日は「思いやり」と言うことについて考えてみましょう。この思いやりというのは、聖書の精神でもあります。先ほど読んでいただいたフィリピの信徒への手紙2章3-4節に

  「何事も利己心や虚栄心からするのではなく、
  へりくだって、互いに相手を自分よりも優れた者と考え、
  めいめい自分のことだけでなく、他人のことにも注意を払いなさい。」

とありました。「思いやり」というのを『広辞苑』で調べてみると、「自分の身に比べて、人の身について思うこと」とあります。別の言葉で言うと、「その人の立場に立って思う」ということです。

イエスの有名な言葉に、「人にしてもらいたいと思うことは何でも、あなた方も人にしなさい。」というのがあります(マタイ7:12)。これは最も大切な教えだということで「黄金律」と言われています。「その人の立場に立って思う」ということはとても大切なことですが、それが中々出来ないというのもまた人間の悲しい現実です。これが出来れば、世の中は幸せになると思います。今の日本は、このような「思いやり」の心に欠けているのではないでしょうか。そのために心を痛めるような悲しい事件が、次から次へと起こっています。

人間はしばしば言葉に傷つきます。人から言われたイヤな言葉に落ち込むこともよくあります。それがひどい場合には、自殺にも追い込まれます。

旧約聖書の箴言12章18節に、

  「軽率なひと言が剣のように刺すこともある。
  知恵ある人の舌は癒す。」

という言葉があります。

人に対する一言の言葉がひどく傷つけることもあります。また逆に一言の言葉が人を癒すこともあります。人の立場に立って、「思いやり」のある生き方をしたいものです。

旧約聖書のレビ記19章9-10節に次のような言葉があります。

  「穀物を収穫するときは、畑の隅まで刈り尽くしてはならない。
  収穫後の
落ち穂を拾い集めてはならない。ぶどうも、摘み尽くしてはならない。
  ぶどう畑の落ちた実を拾い集めてはならない。これらは貧しい者や寄留者のために
  残しておかねばならない。わたしはあなたたちの神、主である。」

これは、古代イスラエルにあった実際の法律です。ここには、特に弱い立場の人に対する深い思いやりの精神というものがあります。すなわち、自分の畑に農作物が出来て、それを収穫する時に畑の隅々まで全部収穫してはならない、というものです。必ず、四隅はわざと収穫せずに残しておき、貧しい人たちや寄留者が自由に取って食べてもよい、というものです。また、ぶどうなどの果実も摘み尽くしてはならず、また地面に落ちたものは拾ってはならない、というのです。そしてそれらはやはり、貧しい人が自由に取って食べてもよいというのです。

ここの貧しい人というのは、親のない孤児や、夫が死んだ未亡人や自分の土地がなく、収穫物に与れない人たちのことです。そして寄留者というのは、外国から出稼ぎに来ていて、泊まる宿もないいわばホームレスの人です。古代イスラエルに於いては、そのような弱い立場の人を深く思いやらなければならない、という法がありました。

フランスのミレーという画家の作品に「落ち穂拾い」というのがあります。ミレーの生活したフランスのバルビゾンでは、この旧約聖書の精神が生きていたと言われています。私達の社会においても、もっと弱い立場の人たちに思いやりが必要だと思います。

老人や障害を持つ人に対する思いやりもそうです。老人や障害を持つ人たちも、やはり社会的には弱い立場の人たちです。しかし、誰でもやがて老人になる訳だし、障害を持つ可能性がある訳です。ですから、その人の立場に立って思いやるということは、自分のことを思うということでもある訳です。私達も、弱い立場の人たちに、もっと思いやりをもちたいと思います。

 

 

2018-11-14 高等学校 11月17日(土)・23日(祝・金)入試説明会 開催!

11月17日(土)・23日(祝・金)に本校(ポートアイランドキャンパス)にて入試説明会を開催します。

学校の説明はもちろん、入試についての説明やポイントなどを解説します。

また、全体会終了後には個別相談も受け付けます。気になることなどありましたら何でもご相談ください。

志望校を迷っている方、悩んでいる方も是非一度、お越しください。

 

2018-11-13  中 学 校 高等学校 収穫感謝礼拝が行われました。

本日本校にて、収穫感謝礼拝が行われました。

在校生も朝から果物をもって登校してもらい、たくさんの果物に囲まれて礼拝を行うことができました。
ご協力ありがとうございました。
礼拝には、香川県多度津教会の阪口 新 牧師をお招きし、「分け与える」ことをテーマにお話ししてくださいました。
お話しの中で、阪口先生が持ってきてくださった大きなパンを全校生徒で分けてみる。というチャレンジをしました。
一つのパンを約400人でわけるという作業にみんなとても関心をもっていました。

       

分け与えるということは食べ物だけでなく、色んな場面で必要です。私たち一人ひとりが自分のことだけでなく、周りの人々のために生きることが大切なのではないかと感じました。

 

2018-11-10 高等学校 高校入試説明会が行われました。

本日、本校にて高等学校の入試説明会を実施しました。

ご参加してくださった皆さま、ありがとうございました。

夙川高等学校についての説明の他、入試について、傾向と対策を説明。
進路決定に向け具体的なイメージをしていただけたのではないでしょうか?

    

    

高校の次回は、11月17日(土)です。
学校説明と入試説明を行います。たくさんのご参加お待ちしております。

 

2018-11-08  中 学 校  新校舎 内覧会(小学生対象) 申し込み開始

この度、夙川中学校新校舎(現在改装工事中)の一部を内覧をしていただく機会を下記の通り計画致しました。奮ってご参加ください。

参加については、下記をクリックしてください。
⇒ 新校舎 内覧会 申し込み

※後日、中学生対象の内覧会も予定しております。詳細は決まり次第お知らせいたします。

 

2018-11-03  中 学 校  中学入試説明会が行われました。

本日、本校にて中学校の入試説明会を実施しました。

たくさんの方に参加していただきました。ありがとうございました。

夙川中学校の入試について、各担当より傾向と対策を説明。
本番に向けイメージしていただけたのではないでしょうか?

    

    

次回は12月1日(土)入試説明会です。
本校で行われる最後の説明会です。たくさんのご来場お待ちしております。

 

現在、プレテストの受験申し込みを受付中です。
実際の試験を体験できる貴重な機会となっておりますので、ぜひご参加ください。
詳しくは下記リンクをクリックしてください。
⇒ プレテスト申し込み

 

2018-11-02  中 学 校 高等学校 全校礼拝 「言葉の大切さ」 Ⅰペトロの手紙1章22-25節

2018年11月2日(金)の全校礼拝にて、宗教主事の樋口学院長が、
Ⅰペトロの手紙1章22-25節 「言葉の大切さ」と題して、お話をしてくださいました。

 私たちは往々にして、人の言葉によって失望したり、傷ついたりします。そういう意味では、言葉というのは非常に大事です。たった一言の言葉によってひどく傷つき、ある場合は絶望状況に陥ることもあります。また逆に、たった一言の言葉によって癒されることもあります。

 斉藤茂太という人の本に『いい言葉は、いい人生をつくる』というのがあります。この斉藤茂太は、歌人の斎藤茂吉の長男で、精神科の医師であり、また執筆活動もしている方です。最近の本では『いい人生は「ありがとう」がつくる』というのもあります。

 さて、この『いい言葉は、いい人生をつくる』において、彼はことばについていろいろ洞察していますが、文字通り、いい言葉がいい人生をつくることを主張しています。彼は、人から聞いたいい言葉、あるいは本から得たいい言葉によって力や希望が与えられた経験から、人にもいい言葉をかけるように心がけている、と言います。

 たった一言の言葉によって、大きな希望や力を与えられる、と言うこともあります。また逆に、たった一言の言葉によって、力や希望を失うこともあります。言葉には、そのような力があります。逆に、たった一言の言葉によって、窮地を救われることもあります。絶望状況の中にある人が、優しい言葉に触れて力を得、また希望を与えられるということもあります。

 私自身も、人の言葉によって非常に落ち込んだ経験があります。おそらく皆さんも多かれ少なかれ、そのような経験があるのではないでしょうか。また、逆に自分の言葉が人を傷つけているという場合もあるかもしれません。そのように、言葉というのは非常に大切であると思います。ですから、できるだけ人を傷つけない言葉を発したいと思います。また、できるだけ人に希望を与えるような言葉を発したいと思います。

 聖書においては、言葉に関することが多く言われています。そもそも聖書は、神の言葉とされており、これを読むことによって慰めや希望や救いを与えられます。

 旧約聖書に箴言というのがあります。これは、古代イスラエルのことわざを集めたものです。この箴言の中に言葉に関するものが多くあります。例えば、「軽率な一言が剣のように刺すこともある。知恵ある人の舌は癒す。」というのがあります。これは、たった一言の軽率な言葉は人を深く傷つけるが、配慮のある言葉は、逆にたった一言の言葉によって人を癒す、ということが主張されています。昔も今も、人の言葉によって傷つけられたり、また反対に力づけられたりということがあります。

 軽口ということがありますが、無責任に調子のいいことを言う人は信用されません。最近ではSNSへ軽い気持ちで書き込んだことが、相手をひどく傷つけると言うこともあります。また、先ほど読んでいただいたⅠペトロの手紙1章24節~25節には、

「人は皆、草のようで、/その華やかさはすべて、草の花のようだ。草は枯れ、/花は散る。
しかし、主の言葉は永遠に変わることがない。」 とあります。

これは、人間の言葉は、「草が枯れ、花が散る」ように、はかないけれども、神の言葉は永遠に変わることがない、ということです。

 聖書のことばから、大きな希望や力を与えられたという人も大勢います。是非皆さんも、何か苦しいこと、悲しいこと、迷っている時などに、聖書を開いて読んでみて下さい。あるいは、大きな力が与えられるかも知れません。そして、私たちも言葉には責任を持つようにしたいものです。斉藤茂太さんが言ったように、「いい言葉は、いい人生をつくる」ということは、本当です。わたしたちも、極力いい言葉を語り、いい言葉を聞くことによって、いい人生を歩みたいと思います。