月間アーカイブ: 2018年12月

2018-12-14  中 学 校 高等学校 全校礼拝 「光は闇より」 ヨハネによる福音書1章6-9節

2018年12月14日(金)の全校礼拝にて、宗教主事の樋口学院長が、
ヨハネによる福音書1章6-9節 「光は闇より」と題して、お話をしてくださいました。

 

先週の日曜日、12月2日の日曜日からアドベントに入りました。そこで、3日の月曜日には、夙川学院でもクリスマスイルミネーション点灯式を行いました。参加して下さった方もいると思います。

アドベントとは、ラテン語で「到来」という意味です。クリスマスに備える期間、クリスマスを待ち望む期間です。そこで、「待降節」とも言います。12月25日のクリスマスの四週間前の日曜日から始まります。

クリスマスである12月25日は、元来、古代ローマの「太陽神」のお祭りであった、と言われています。それは「冬至の日」にあたっていました。冬至は、一年中で一番昼が短い日ですが、これを境にして、太陽神が闇に打ち勝つことによって、段々昼が長くなると考えられていました。キリスト教では、闇に打ち勝つ真の光はキリストであるとして、キリストの誕生日をこの12月25日にしたのです。

先ほど読んでいただいたヨハネによる福音書1章9節に
その光は、まことの光で、世に来てすべての人を照らすのである。
とありました。

暗闇、これは、人々の不安や恐れや失望を表します。しかし、その暗闇に光が差しますと、不安や恐れは消え、希望や救いを感じます。このように、真の光としてのイエス・キリストの誕生は、不安や恐れをもっている多くの人に、希望や勇気や救いを与えます。そういう意味で、クリスマスには、希望や勇気や救いの象徴として光を用います。イルミネーションの光も、アドベントのローソクの光も、そのような希望や勇気や救いの象徴なのです。

イエス・キリストの誕生日であるクリスマスは、皆さんに希望や勇気や救いを与えて下さいます。イルミネーションの光やローソクの光を見ながら、わたしたちも希望を持って歩んでいきたいと思います。

ヨハネによる福音書では、言葉であるキリストが「まことの光」としてこの世に来られた、ということが言われています。聖書において、光は非常に重要な意味をもっています。まず最初に、聖書の冒頭の創世記の初めにおいて、神が光を創造されたと言われています。その時神は、光と闇を分けられた、とあります。すなわち、この世には光という要素と闇という要素があるのです。何かと暗い出来事の多い現在も闇に支配されているという印象があります。

先日、京都の清水寺で今年の漢字が発表になりました。それは、「災」という漢字でした。今年は、多くの自然災害に見舞われた年でした。地震、大雨、台風などによって、多くの人が被害に遭いました。今は、暗闇という印象も受けます。また、一見平和そうに見える日本においても、暗闇が覆っていると思われる状況があるのではないでしょうか。

最近、尊い命が無惨にも犠牲になるという暗い事件が多く起こっています。いじめによって小学生や中学生が自殺するという事件もよく起こりました。また、幼児虐待で、実の親が実の子を殺すという痛ましい事件もよくあります。まさに、今の日本は暗闇に支配されているのではないかという印象を持ちます。また、私たちの人生においても闇に支配されていると思われるときがあるのではないでしょうか。突然の病気や事故、仕事の行き詰まりや人間関係がうまくいかない、といったこと。そのようなとき、暗闇にいるように、暗い気持ちになるのではないでしょうか。まさに、闇に支配されていると思えるような現実が多くあります。

イエスが生まれた時代も、特にローマ帝国によって支配されていたユダヤにおいては、多くの民衆は暗闇のような生活を強いられていたのです。そのような暗闇に支配されているこの世に、イエスが「真の光」として到来した、というのがヨハネによる福音書のメッセージです。

私たちはしばしば暗闇に支配されるときがありますが、キリストはその暗闇の中で輝いている、と言われています。そして、クリスマスは、この闇に完全に勝利する方がこの世に来られたことを告げるものなのです。

先ほどのヨハネによる福音書1章9節に、
その光は、まことの光で、世に来てすべての人を照らすのである。
とありました。

ここに、「すべての人を照らす」とあります。聖書においては、人間はすべて神によって創造されたものです。ですから、すべての人間が神の愛の対象なのです。

ですから、クリスマスは、単にキリスト教徒にだけ光をもたらすのでなく、すべての人に光をもたらすのです。それが、神の願いであり、またキリストの願いでもあります。

 

 

2018-12-14  中 学 校 高等学校 附属幼稚園 園児による生誕劇を鑑賞しました。

本日、夙川学院短期大学付属幼稚園の園児が来校し、クリスマス生誕劇の発表をしていただきました。
本校にはプリスクールコース(短大進学コース)があることから、幼稚園の様子を少しでも感じてもらうために企画されました。
今年度春に付属幼稚園に実習にいった高校2年生のクラス。来年度春に附属幼稚園に実習に行く高校1年生のクラス。そして音楽の授業の一環として参加した中学1年生が鑑賞しました。

    

    

緊張しながらも練習の成果を発揮し、一生懸命演技する園児の姿に生徒たちも感激していました。
頑張った園児たちには最後にサンタクロースが登場するサプライズもあり盛大に終わりました。

来年度、自分たちが実習にいくときのヒントになればいいなと思います。

 

2018-12-11  中 学 校 高等学校 生徒会主催 Voice を開催しました。

本日、アリーナにて「Voice」を行いました。
この企画は、生徒会が自分たちで考え計画し、準備をしてきました。

本校生徒会が中学・高等学校の全校生徒の意見を受け取り、それを形にすることを目指して活動してきました。
その中で、自分には無い他者や他学年の考えを聞くことの大切さを感じました。だからこそ、積極的に自分には無い考えを受け入れることで、今までとは違ったことに気付くことができる場になれば、と考え、企画しました。

    

今回は在校生から5名の生徒に自分の大切にしていることや、将来についてなどを熱く語ってもらいました。
一人でも多くの人に発表者の思いが届くことを願っています。

 

2018-12-10 高等学校 高校入試説明会が行われました。

本日、本校にて高等学校の入試説明会を実施しました。

今回は午後から新校舎の内覧会も予定されていたため、多くの方に参加していただきました。
ありがとうございました。

夙川高等学校についての説明の他、入試について、傾向と対策を説明。
また新校舎一部内覧と、新しい夙川のことを知っていただけ一日になったのではないでしょうか。

    

次回は12月16日(日)10:00~入試説明会です。
今年度最後の説明会です。

全体会での説明の他、個別相談コーナーもありますので、納得いくまで質問をしてください。
たくさんのご来場、お待ちしております。

 

2018-12-08 高等学校 高校入試説明会が行われました。

本日、本校にて高等学校の入試説明会を実施しました。

ご参加してくださった皆さま、ありがとうございました。

夙川高等学校についての説明の他、入試について、傾向と対策を説明。
来年度から大きく変わる夙川に魅力を感じていただけたのではないでしょうか。
新しい夙川の最初の一歩を一緒に歩んでいければと思います。

    

次回は12月9日(日)10:00~入試説明会です。
全体会での説明の他、個別相談コーナーもありますので、納得いくまで質問をしてください。
たくさんのご来場、お待ちしております。

 

2018-12-01  中 学 校  中学入試説明会が行われました。

本日、本校にて中学校の入試説明会を実施しました。

今年度最後の説明会ということもあり、たくさんの方に参加していただきました。
ありがとうございました。

夙川中学校の入試について、各担当より傾向と対策を説明させていただきました。
入試本番に向けてにイメージがつかめたのではないでしょうか。

    

    

今年度の説明会は全日程を終了しましたが、個別相談は随時行っております。
ご希望の方は、本校にお電話にてお申し込みください。